お風呂の水漏れ修理道具を持って…

東京でカレーといえば神田ですよね。
1924年(大正13年)東京・神田の簡易食堂「須田町食堂」(現在の聚楽)が、
初めて廉価(8銭)でカレーライスをメニューに載せたことが大きな要因ではないでしょうか?
「神田カレーグランプリ」というのも毎年行われており、地域の活性化に一役買っています。
だからなのか神田に行くとついつい別の用事で行っても食べて帰ってしまいます。
先日もお風呂の水漏れ修理道具類を購入しに行ったら、
カレーの匂いがして大荷物のままお店にINしてしまいました(笑)
いやぁ、我慢できませんよ。

Leave a Reply