大切な女性と行う性行為、できればお互いに気持ちいい時間を過ごしたいと思う方も多いのではないでしょうか。女性に気持ちよくなってもらうため、男性側もさまざまな工夫をするものですが、多くの女性はペニスの大きい男性との性行為を望んでいます。そのため、ペニス増大サプリやペニス増大手術を受けて、ペニスを大きくさせようとする方や、これからしようかどうか悩んでいる方もいるでしょう。今回は、ペニス増大サプリとペニス増大手術の二つにどのような特徴があるのかを知るため、それぞれのメリット、デメリットを比較していきます。

ペニス増大サプリのメリットとデメリット

ペニス増大サプリのメリットは、費用を安く抑えることができるという点です。クリニックにも寄りますが、ペニス増大手術は医療機器を使用する一方で保険適用外の手術となるため、高額な費用が必要になります。また、ペニス増大サプリの場合は用法を守って服用しているだけで効果が現れるため、体が傷ついたり、外的要因の後遺症が残るといったことはありません。そのため、ペニス増大手術に比べ、サプリを服用する場合はさまざまなリスクを抑えることができるといえるでしょう。
一方で、ペニス増大サプリにはデメリットも存在します。確かにペニス増大手術をするよりも安全に実施することが可能ですが、その分ペニス増大の効果が薄いというデメリットがあります。当然ですが、手術の際は物理的に増大させることになるので、大きな障害がない場合は誰であってもペニスを大きくすることが可能です。サプリだと大きくするための成分を摂取できるだけで、体質によっては服用を続けても効果が現れないことも珍しくありません。また、手術をする場合とは違いペニス増大サプリは短期間で効果が出るものが非常に少なく、ほとんどの場合半年以上服用しなければならない点もデメリットといえます。

PRサイト
【サプリインストラクターがおすすめする本当のペニス増大サプリ】
ペニス増大サプリの事を調べるならコチラのサイト

ペニス増大手術のメリットとデメリット

ペニス増大手術のメリットは、ペニス増大サプリに比べてすぐに効き、そして確実にペニスが大きくなることです。サプリの場合だと、あくまで成分を摂取することしかできないため、人によって効果の現れないことがあったり、効果が現れても少ししか大きくならなかったりすることもあります。手術であれば、メスを入れて直接男性器に直接手を加えることになるため、誰でも確実にペニス増大を望めるわけです。
サプリの場合は効果が現れるまでに数カ月以上の期間が必要となりますが、ペニス増大手術は手術当日にその効果が実感できます。そのため、すぐに効果を感じたいという方はこの方法を選択する方が良いでしょう。一方で、ペニス増大手術には大きなデメリットがあります。それは、手術跡がどうしても残ってしまうという点です。物理的にペニスを増大させる過程でメスなどを使用して切開するわけですが、その縫い目などが男性器の周りに一生残ってしまいます。ペニス自体は増大させることができますが、跡が残るので見栄えが悪くなることは避けられません。また、保険適用外のため高額な手術費用が必要になってしまう点も大きなデメリットといえるでしょう。

共通のメリットとデメリットは何か

ペニス増大サプリとペニス増大手術にはそれぞれのメリットやデメリットがありますが、それぞれに共通しているメリットはやはりペニスが大きくなるという点です。サプリに関しては人によって効果が現れたり、現れなかったりすることもありますが、基本的に長期間使用することでペニスが2センチ以上増大するケースも珍しくありません。ペニス増大手術の場合も確実にペニスを増大させることができるので、ペニスを大きくするならどちらも有効的な方法です。
一方で、それぞれに共通しているデメリットは、悪質な詐欺が存在するという点が挙げられます。ペニス増大に限らず、セクシュアルな問題を抱える人を狙う悪質な企業やクリニックも一部ではありますが存在しています。サプリの場合も、実際には効果が一切ないものをペニス増大サプリとして売っていることがあったり、ペニス増大手術を受けたらペニスが壊死する、法外な手術費用を請求されたりとさまざまトラブルが起こる可能性も少なくありません。特に料金に関するトラブルは多いので、そのような悪徳商法にかかってしまわないよう、しっかりと購入したいサプリや手術を申し込むクリニックについて調べておくことが大切です。

まとめ

ペニス増大サプリの主なメリットは、費用を安く抑えることができ、後遺症などが残りづらいことです。安全で始めやすいのが特徴ですが、一方で体質によって効果が現れ辛かったり、長期間服用しなければならないというデメリットもあります。ペニス増大手術の場合は確実にペニスが大きくなるというメリットがあり、すぐに効果を実感することもできます。しかし、保険適用外の手術になるため高額な費用がかかってしまうのがデメリットです。悪徳な詐欺やさまざまなトラブルに遭いやすいという共通のデメリットはありますが、ペニスを大きくする目的ならどちらも有効的な方法といえるでしょう。